ヒプノセラピー(催眠療法)

Möbiroseでの催眠療法

催眠療法(ヒプノセラピー)は1955年、英国医師会、1958年米国医師会、
米国心理学会が有効な治療法として承認しています。
催眠と聞くと、まるで魔法にかけられたように意識が無くなり、
相手の言いなりになって好きなように操られてしまうイメージを
持っている方が多いかも知れません。

実際の催眠はこのようなイメージとはかなり違っています。

催眠療法(ヒプノセラピー)、前世療法をするという事は意図的に
催眠状態に入り、
自己の潜在意識に目を向け、今現在、自分にとって必要な
前世の場面を感じ取ります。
どんな前世だったか、ご自身で見て感じます。

セラピストの誘導により前世の場面が色々見えて最後守護神に会い、
今の自分に必要なメッセージを受け取ります。

その時、亡くなられた方と話をしたいご希望であれば、
Möbiroseならではのテクニックでその方を呼び
ご本人と直接会話していただきます。
但し、催眠の深さには個人差があり、どなたでも見える訳ではありません。

コツは・・・
初めは言われる通り想像してみる。
疑り深くならない。
見えた方が面白いと思う。
柔らかいものの考え方をして、力を抜く。
etc…..